SECT.1眼内コンタクトレンズ(ICL)とは?

ICLとは、英語のインプランタブルコンタクトレンズを略した呼び方です。
有水晶体眼内レンズ、あるいはフェイキックIOLと呼ばれることもあります。
眼内コンタクトレンズをインプラントして近視矯正治療を行うのがICL治療です。
ICL治療は、レンズを取り外せば元に戻すことが出来る安心の治療法です。

くわしく見る

SECT.2眼内コンタクトレンズ(ICL)の特徴

  • ドライアイになりにくい
  • ハロー・グレアが起こりにくい
  • 万一のときは取り外して元に戻せる
  • 短時間の手術で視力回復スピードが早い

※表は横スクロールできます。

眼内コンタクトレンズ(ICL) リレックス スマイル レーシック
特長 ・強度の近視・遠視・乱視も矯正可
・ドライアイになりにくい
・ハロー・グレアが起こりにくい
・取り外して元に戻せる
・有害な紫外線をカット
・視力回復スピードが早い
・ドライアイになりにくい
・ハロー・グレアが起こりにくい
・外部からの衝撃に強い
・切開量が少ない
・フラップのずれが起こらない
・近視・遠視・乱視も矯正可
・視力回復スピードが早い
・広く普及しているため費用が安い
矯正法 角膜に切れ目を入れて眼内コンタクトレンズを挿入。 フェムトセカンドレーザーで角膜切片を作って取り出す(切開量2mm)。
フェムトセカンドレーザーでフラップを作成(切開量20mm)。
エキシマレーザーを照射して角膜を削る。
角膜の形状 変えない 変える 変える
元に戻す 可能 不可能 不可能
視力回復
スピード
翌日 約2~3日 翌日
近視
遠視 ×
乱視

くわしく見る

SECT.3実績・アンケート

名古屋アイクリニックの眼内コンタクトレンズ(ICL)実績と手術を受けられた患者様のアンケート結果をご紹介します。

くわしく見る

SECT.4医師に選ばれる近視矯正治療

ICLは元に戻せる点、見え方の質が高く安全性が高い点などから、眼科医をはじめとした医師に選ばれている手術です。
論文を読んで優れていると感じ、手術を希望されるドクターが多いのも特徴です。

当院の患者様には、医師や看護師がとても多いという特徴があります。同じ医療職だからこそ、より厳しい目で医療機関を選びます。その厳選の結果が当院であることを、私たちはたいへん誇りに思っています。

手術を受けた眼科医による座談会

近視矯正手術を受けた眼科医が集まることができましたので、患者様にこの素晴らしさをお伝えしたいと思います。

くわしく見る

歯科と眼科のパイオニア対談

日本で初めてインプラントをはじめたスワン会理事長の鈴木先生と、東海地区で最初にレーシックをはじめた中村院長のトップ対談!

くわしく見る

SECT.5手術の流れと手順

所要時間は、片眼で10分程度です。入院の必要はありません。
外から見てもレンズが入っていることはわかりません。

目薬での麻酔後、角膜を約3mm切開します。

切開した場所からICLレンズを眼の中に挿入します

虹彩と水晶体の間にレンズを固定。
切開した角膜は自然に治癒します。
縫合は必要ありません

くわしく見る

SECT.6費用について

大切な目を扱う、みなさまの一生を左右する手術です。
眼内コンタクトレンズ(ICL)を受ける場合は、料金だけを比較して病院を選ぶのではなく、本当に信頼できる医療機関をお選びください。

くわしく見る

SECT.7体験談

名古屋アイクリニックにご来院いただいた方向けの限定公開コンテンツです。

くわしく見る

SECT.8よくある質問

患者様などから寄せられた、ICL治療に関する、よくある質問をご紹介します。

くわしく見る

SECT.9当院について

手術実績は16年で2,000眼以上。 当院の手術は、すべてICLのエキスパートであるインストラクターによって行われます。
名古屋アイクリニックは、2005年2月、他に先駆けて「眼内コンタクトレンズ(ICL)」 を開始。そのパイオニアとして、日本はもとより、世界でも有数の手術実績を誇っています。

くわしく見る

名古屋アイクリニック

※土曜は8:30~16:00になります。

完全予約制

  • 〒456-0003
    愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F
  • 名古屋駅より約10分。金山総合駅東口の正面

電話番号

診療案内

交通アクセス

ページトップへ